「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

イラクの混迷を招いた日本の“選択”

イラクの混迷を招いた日本の“選択”

かもがわブックレット 165
自衛隊がやっていることvs私たちがやるべきこと

イラクノコンメイヲマネイタニホンノセンタク

編著者
ISBN
978-4-7803-0084-0 C0331
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2007年03月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

原告が5600名を超え、戦後最大の憲法裁判に発展した自衛隊イラク派兵差止訴訟。各地の裁判を原告とともにたたかう弁護団が、イラクの現地調査、政府に対する資料の開示請求などを通じ、自衛隊の活動の全貌に迫る。
人道支援と騒がれたがそれは本当だったのか。ブッシュ政権が米軍増派に踏み切ったが、いまなおイラクに駐留する航空自衛隊はどんな役割を担っているのか。ここに真実が明らかになる。

目次

プロローグ
第一章
米軍の掃討作戦を支える航空自衛隊
第二章
イラク派遣自衛隊の知られざる実態
第三章
だから私は立ちあがった
第四章
未来への架け橋 平和のうちに生存する権利

著者プロフィール

自衛隊イラク派兵差止訴訟全国弁護団
ジエイタイイラクハヘイサシトメソショウゼンコクベンゴダン

メンバー
佐藤博文、池住義憲、大垣さなえ、川口創、久野秀明、田巻紘子

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません