「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

けんぽう絵本 おりとライオン

ケンポウエホンオリトライオン

著 者
ISBN
978-4-7803-0977-5 C8793
判 型
B5判上製(オールカラー)
ページ数
38頁
発行年月日
2018年09月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

幼児からでも憲法の役割がわかる絵本、できました!
大好評の憲法の入門書『檻の中のライオン ─憲法がわかる46のおはなし』。
憲法を「檻」に、権力を「ライオン」に例えて、立憲主義のしくみをイラストで解説した本書は、「憲法が国民のためのものだとわかった」「各条文がなぜ大切なのか、納得できた」などたくさんの反響をいただき、現在9刷を重ねています。
そして、もっと簡単に立憲主義の大切さを伝え、小学生や幼児でも楽しめるように、『檻の中のライオン』が絵本になりました!
子どもたちにも自分には人権があって、それをないがしろにされないように、憲法が守ってくれていることがわかります。
これからを生きる子どもたちに届けたい一冊です。
●はじめての法教育の足がかりに。●小学6年社会科の副読本に
================================================
「けんぽう」ってなんだろう? 
自由に生きるために、ライオン(権力)を檻(憲法)にいれよう

平原にそびえる大きな大きな木。
どうぶつたちが、大きな木に住みつきはじめます。
みんなでたのしく、ゆかいに暮らすはずが……思わぬトラブルがたくさん。
「そうだ、ライオンさんに解決してもらう!」

ライオンのつくるルールで、みんなのトラブルはたちまち解決します。
だけど……「赤い色の家は禁止!」「食べ物を半分ライオンに持ってくること」「大きなどうぶつは追放」……なんだかおかしなことになってきた?!

権力をライオンにたとえ、その権力を檻(=憲法)でしばる、立憲民主主義のしくみが学べる絵本です。

檻=憲法の役割を知ることで、憲法のたいせつさがわかります。

著者より

憲法は、私たち一人ひとりが人間らしく生きていけるようにするためのシステムです。
国民主権や民主主義といったシステムが機能するには、主権者である私たち一人ひとりが、政治に関心を持ち、知るべきことを知り、自分の頭で考え、行動する(投票や表現活動など)ことが必要です。誰もがそんな主権者になれるように、憲法は、子どもたちに「教育を受ける権利」を保障しています(26条)。それに応えなければならないのが、国であり、親です。しかし、現実には、憲法の初歩的な理解を教え、一人前の主権者を育成する教育は不十分ではないでしょうか。主権者教育や法教育の教材として、本書をご活用ください。

編集者より

大好評の『檻の中のライオン』ですが、最低でも小学6年生の社会科で政治や憲法の基本を学ばなければ理解がむずかしいところがありました。もっと小さい子どもにも、立憲主義や民主主義、人権などを感覚的に理解してほしいという思いが、今回の『おりとライオン』の作成の動機です。なぜライオンに政治を頼むのか、なぜライオンを檻にいれなければならないのか、憲法になにが書かれているのか…など、絵本のストーリーを追うことで理解できます。今井ヨージさんのかわいい絵柄は、絵を見ているだけでも楽しく、たくさんの発見がつまったディテールが魅力。子どもたちの宝物になるような仕上がりになっています。ぜひお手にとって御覧ください。

著者プロフィール

楾 大樹 ハンドウタイキ

弁護士。『檻の中のライオン』著者。ひろしま市民法律事務所所長。1975年広島生まれ。
もともと政治にはほとんど関心がなかったが、2013年の「憲法96条改正論」で突然関心を持つようになり、憲法の啓蒙活動を始める。これまでに全国22都道府県で170回ちかく講演。中学校の公民資料集(正進社)や進研模試にも『檻ライ』が採用されている。

今井 ヨージ イマイヨージ

イラストレーター。「R25」「ゼクシィ」などの企業広告や女性誌、育児書、教育関連書などで、シュールでニヤリとするギャグ系タッチのイラストを手がける。本企画がはじめての絵本作品となる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

朝日新聞
[2018年10月12日]に紹介