「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

映画館ほど素敵な商売はない

映画館ほど素敵な商売はない

エイガカンホドステキナショウバイハナイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0134-2 C0074
判 型
四六判
ページ数
126頁
発行年月日
2007年11月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

町の映画館がいま元気だ!
シネコンの攻勢にさらされながら、日本各地で町の映画館がいま元気だ。京都シネマを開館した女性社長の起業体験とエール。
2004年12月にオープンした京都シネマの経験を通じて、シネコン時代だからこそ,地域の特色や土地柄にあった映画館が求められていることを痛感、映画館作りのヒントがいっぱい詰まった本を書き上げた。

目次

序章
映画館は素敵な商売
1章
京都シネマ開館への道
2章
シネコンとの持ち味の違い
3章
前史 京都朝日シネマの15年
4章
あなたもできる映画上映会
[付]京都シネマの音響設計
映画館設立の手続きについて

著者プロフィール

神谷 雅子 カミヤマサコ

立命館大学卒業後、京都の週刊新聞記者から転身して、1988年7月、京都朝日シネマ開館(京都初の本格的アート系ミニシアター)に参画、90年から支配人。2003年1月29日、オーナー会社がシネマコンプレックスにシフトしたため閉館。その後、自ら会社を起こし、 2004年12月、新しいアート系映画館「京都シネマ1、2、3」をCOCON烏丸3階(四条烏丸下がる西側)に開業。2005年京都府あけぼの賞受賞。 04年から立命館大学産業社会学部で、映画産業論、映像プロデュース論などを教えている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

映画バカ111日にっぽん旅行記

映画『アンを探して』シナリオ採録

関連情報

現在はありません