「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

諫早湾調整池の真実

諫早湾調整池の真実

イサハヤワンチョウセイイケノシンジツ

著 者
ISBN
978-4-7803-0362-9 C0060
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2010年06月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

閉め切られた堤防
覚えていますか、あのギロチンと呼ばれた諫早湾干拓の閉じられた堤防を!「開門か」で揺れ動く諫早湾調整池の驚愕の実態を知ってほしい!政治的立場や利害関係がどうであれ、アオコの大発生を食い止め再生の道を探る。

目次

はじめに
第1章
有明海異変概説
第2章
諫早湾調整池の実態
第3章
おかしな話
第4章
未来へ
おわりに

著者プロフィール

高橋 徹 タカハシトオル

熊本保健科学大学教授。自然科学者の彼は諫早湾をフィールドワークとして、研究を重ねている。あの諫早湾の干拓地を閉め切った鋼板はギロチンと呼ばれ、テレビを見ていた人々の度肝をぬく映像となった。その後の諫早湾の実態はいったいどうなっているのか、ぜひ知ってほしい!と本書を著わした。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

しんぶん赤旗
[2010年7月25日]に紹介

朝日新聞
[2010年7月21日]に紹介