「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

遺骨

遺骨

語りかける命の痕跡

イコツ

著 者
ISBN
978-4-7803-0643-9 C0021
判 型
四六判
ページ数
288頁
発行年月日
2013年10月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

強制労働の歴史を北海道の地で掘り起こす
遺骨を掘り起こし、祀り、遺族に届けること。それは名もない人びとの生きた証を今に伝えること。世代を超え、国境を越え、民族を超えた地道な取り組みが歴史を動かす!

戦争の時代、北海道で過酷な労働の末に亡くなり、人知れず葬られたタコ部屋労働者や中国・韓国・朝鮮からの強制労働者の遺骨を掘り起こし、生きた証を伝える取り組みが、世代と国境・民族を越えて広がっていくドキュメント。

目次

1、
遺骨は語る
2、
民衆史への歩み
3、
遺族を探す
4、
遺骨を届ける
5、
北海道内に残された遺骨たち
6、
歴史の忘却を超えて

読者の声

投稿者:男性 50歳 会社員

評価: ☆☆☆
観光地としてあこがれの北海道の裏面史をさらに発掘するような書籍を期待します。沖縄と並び、北海道は現存する日本の「植民地」なのかもしれません。

投稿者:男性 46歳 僧侶

評価: ☆☆☆
戦争で避けて通ることの出来ない問題をひとつひとつ例をあげて理解出来ました。小生、高校2年生の時、韓国へ旅行したのがきっかけで、韓国語も学びました。殿平先生も縁があって、今、世話になっている寺で布教で見えられたりして、拝聴させていただきました。

著者プロフィール

殿平 善彦 トノヒラヨシヒコ

1945年生。浄土真宗本願寺派一乗寺責任役員・住職。空知民衆史講座代表。
強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム共同代表。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

ふぇみん[2014年3月5日]に紹介

朝日新聞[2014年2月1日]に紹介

北空知新聞[2013年11月27日]に紹介

朝鮮新報[2013年11月29日]に紹介