「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

アベノミクスの終焉 ピケティ・ブームの逆襲

アベノミクスの終焉、
ピケティの反乱、マルクスの逆襲

さよなら安倍政権

アベノミクスノシュウエン ピケティノハンラン、マルクスノギャクシュウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0767-2 C0033
判 型
A5判
ページ数
128頁
発行年月日
2015年06月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

強引さが最大の特徴だった安倍首相でさえ、予定されていた消費増税延期せざるを得ないのは、家計が一向に回復しないからだ。その根本的な原因は、アベノミクスが日本経済の構造を歪めていることにある。ピケティー・ブームは、その構造をどう改革するべきかを、われわれに教えているのではないか。渾身の著。

目次

序 章
安倍政権の経済政策の歴史的位置
第1章
アベノミクスの総決算
第2章
安倍政権の経済政策と軍事強化路線
第3章
ピケティ『21世紀の資本』の検討

著者プロフィール

友寄 英隆 トモヨリヒデタカ

雑誌『経済』元編集長(1995年〜2006年)。
一橋大学経済学部卒(65年)、同大学院修士課程修了(68年)。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

前衛[2014年9月月号]に紹介

前衛[2014年9月月号]に紹介