「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

石田梅岩

石田梅岩

峻厳なる町人道徳家の孤影
未来への歴史 第4弾

イシダバイガン

著 者
ISBN
978-4-7803-0768-9 C0321
判 型
四六上製判
ページ数
192頁
発行年月日
2015年05月
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

「学問とは、ものを覚えることではなく、「考える力」を身につけることだ」「利潤は追求すべくだが、公共性を失わない範囲にとどめるべきものだ」ー江戸時代にあって、儒教、仏教、神道どれにも縛られない自由な思考で、商業道徳にとどまらず、社会の中における人生の意味を問うた梅岩。それは現代においてこそ蘇らせるべきものだ。

目次

第一章
東懸村の勘平少年
第二章
京都で商人として生きる
第三章
小栗了雲という衝撃
第四章
思想家への転身
第五章
真の学問とは何か
第六章
商人を語る
第七章
心は形が規定する
第八章
倹約のすすめ
第九章
再説・倹約の進め
第十章
人の生きる意味
補 章
梅岩亡き後の心学

著者プロフィール

森田 健司 モリタケンジ

大阪学院大学経済学部准教授。専攻は社会思想史、日本哲学。

関連情報

現在はありません