「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

エキタス

生活苦しいヤツ声あげろ

エキタス

著 者
ISBN
978-4-7803-0932-4 C0036
判 型
A5判
ページ数
150頁
発行年月日
2017年08月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

最低賃金を1500円に、当たり前に生きさせろ…声を上げ始めた若者たち。その名はエキタス。貧困・格差の今日的な実相とそれへの対応、新しい反貧困運動の主張と、颯爽と活動躍する姿を追う。

目次

グラビア
写真で見るエキタス
第1章
若者は声を上げ始めた
第2章
見てわかる貧困・格差の実態と構造
第3章
新しい貧困問題、新しい反貧困運動とは何か

著者プロフィール

エキタス エキタス

AEQUITASは、ラテン語で「正義」や「公正」を意味する言葉。2015 年9 月に、若者を中心に結成。格差と貧困の拡大に対して社会的正義の実現を求め、「最低賃金を1500円に」などの要求を掲げ、デモや集会、ネットでの発信などの活動を続けている。

今野 晴貴 コンノハルキ

NPO法人「POSSE」代表、ブラック企業対策プロジェクト共同代表。若者からの労働相談を続け、それを踏まえて調査・政策提言を行っている。2013 年に大佛次郎論壇賞を受賞。

雨宮 処凛 アマミヤカリン

作家・社会運動家。思春期の自殺未遂、「ミニスカ右翼」、プレカリアート、「ゴスロリ作家」などを遍歴。現在、反貧困ネットワーク副代表など。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

月刊全労連
【2017年12月号】に紹介