エキタス

生活苦しいヤツ声あげろ

著 者

エキタス・今野 晴貴・雨宮 処凛

ISBN

978-4-7803-0932-4 C0036

判 型

A5判

ページ数

150頁

発行年月日

2017年08月

価 格

定価(本体価格1,500円+税)

ジャンル

政治・社会・労働

※紙書籍のご購入はこちらから↓

買い物かごに入れる

最低賃金を1500円に、当たり前に生きさせろ…声を上げ始めた若者たち。その名はエキタス。貧困・格差の今日的な実相とそれへの対応、新しい反貧困運動の主張と、颯爽と活動躍する姿を追う。

グラビア 写真で見るエキタス
第1章 若者は声を上げ始めた
第2章 見てわかる貧困・格差の実態と構造
第3章 新しい貧困問題、新しい反貧困運動とは何か

投稿者:女性・27歳・公務員(臨時)
評価: ☆☆☆☆
自身も生活が苦しいと感じている1人なので、購入し、拝読しました。貧困問題とこんなに真剣に闘っている人々がいるのだと思い、希望が持てました。

エキタス
AEQUITASは、ラテン語で「正義」や「公正」を意味する言葉。2015 年9 月に、若者を中心に結成。格差と貧困の拡大に対して社会的正義の実現を求め、「最低賃金を1500円に」などの要求を掲げ、デモや集会、ネットでの発信などの活動を続けている。
 
今野 晴貴
NPO法人「POSSE」代表、ブラック企業対策プロジェクト共同代表。若者からの労働相談を続け、それを踏まえて調査・政策提言を行っている。2013 年に大佛次郎論壇賞を受賞。
 
雨宮 処凛
1975年、北海道生まれ。作家・活動家。フリーターなどを経て、2000年、自伝的エッセイでデビュー。以来、格差・貧困問題に取り組み、この国の“生きづらさ”に関して、著作やメディアなどで積極的に発言。「反貧困ネットワーク」世話人。

関連書籍・記事

コロナ禍、貧困の記録

コロナ禍、貧困の記録 

女子と貧困

女子と貧困