「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

女子と貧困

乗り越え、助け合うために

ジョシトヒンコン

著 者
ISBN
978-4-7803-0918-8 C0036
判 型
A5判
ページ数
168頁
発行年月日
2017年06月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

くらしとたたかいの現場から取材・執筆
貧困・格差問題を追い続けてきた著者が、女子の貧困問題について、体験も交えて告発する。
しんぐるまざあず・ふぉーらむ、キャバクラユニオン、プレカリアートユニオン、エキタスなどで活動する姿も紹介し、貧困問題の解決方法も示す。

登場人物

子ども時代の貧困、原発事故による自主避難の困難さー加緒理さん
最低賃金1500円を求めるAEQUITAS(エキタス)の藤川里恵さん
生活保護世帯でも大学に進学して学びたいーミカさんの闘い
キャバ嬢たちによる労働組合・キャバクラユニオンの7年間の闘い
育児ハラスメントで降格に次ぐ降格ーシングルマザーの冴子さん
育休第1号となったが、嫌がらせで退職、会社を提訴した由紀江さん
この国のシングルマザーたちと歩み続ける赤石千衣子さん
夫のギャンブル、自己破産、離婚、2人の子どもを育てる由貴子

著者プロフィール

雨宮 処凛 アマミヤカリン

作家・社会運動家。思春期の自殺未遂、「ミニスカ右翼」、プレカリアート、「ゴスロリ作家」などを遍歴。現在、反貧困ネットワーク副代表など。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

週刊朝日
[2017年9月1号]に紹介

ダヴィンチニュース
[2017年7月31日]に紹介