「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「荒れる子」「キレる子」と保育・子育て

「荒れる子」「キレる子」と保育・子育て

乳幼児期の育ちと大人のかかわり

「アレルコ」「キレルコ」トホイク・コソダテ

著 者
ISBN
978-4-87699-631-5
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2001年12月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

保育園の「荒れる子」「キレル子」の実態をふまえ、自己をコントロールする力を育てる課題を、発達段階に沿って具体的に提案する。

目次

第1部
「荒れる子」「キレル子」を通して保育を見直す
第2部
子どもの育ちの保育の手だてをつなぐ

[1]一人前意識の三歳児

[2]関係に生きる四・五歳児

[3]「つもり」を自ら主張する一・二歳児

[4]有能で能動的なゼロ歳児

第3部
保育の視点から子育てを考える

読者の声

投稿者:59歳 女性 看護師

評価: ☆☆☆
3歳の育ちを軸に4、5歳の課題、乳児期の子どもの発達を学べました。事例を読むことで、“ある、あるこんなこと”という場面が頭をよぎり、よりリアルに感じることができました。もう一度ていねいに読み返しているところです。

著者プロフィール

宮里 六郎 ミヤザトロクロウ

1955年、鹿児島県種子島生まれ
中央大学文学部教育学科卒業
東京芸術大学大学院教育研究科修士課程終了
現在、熊本学園大学社会福祉学部子ども家庭福祉学科教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません