「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「子どもを真ん中に」を疑う

「子どもを真ん中に」を疑う

これからの保育と子ども家庭福祉

「コドモヲマンナカニ」ヲウタガウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0681-1 C0037
判 型
A5判
ページ数
216頁
発行年月日
2014年04月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

子ども家庭福祉の観点で解くおおらかで丁寧な実践の手引。
「荒れる子・キレル子」「気になる子」そして、保育が難しい子どもが増えている保育現場では、保護者支援の必要性もひろがっている。その中で保育者も保護者も「あるべき」保育像や子育て像にとらわれず、おおらかにかまえて丁寧なかかわりをつくることこそ必要ではないか。実践記録の検討や異年齢保育など、著者が保育者におくる地域と現場に根ざしたメッセージ。

目次

第1部
いま求められる保育実践
第2部
「子どものために」だけでなく「親も子も」支える保育を
第3部
子どもと家族を地域で支える
補 章
保育者のメンタルヘルスと職場づくり

著者プロフィール

宮里 六郎 ミヤザトロクロウ

1955年、鹿児島県種子島生まれ
中央大学文学部教育学科卒業
東京芸術大学大学院教育研究科修士課程終了
現在、熊本学園大学社会福祉学部子ども家庭福祉学科教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません