「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

いつか雨はあがるから

いつか雨はあがるから

支えあう「非行」と向き合う親たちの中で

イツカアメハアガルカラ

著 者
ISBN
978-4-87699-800-5 C0037
判 型
四六判
ページ数
216頁
発行年月日
2004年03月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

いま、親と子の関係を問い直す
わが子の非行に直面し、すがる思いで「会」を訪ねた親たちが、支え合いの中で親として自立していった。親と子の関係を問い直す一冊。

目次

まえがき ……… 3

第一章 「非行」と向き合う親たちの会 9

   一 「親たちの会」の誕生 ……… 10
   二 「親たちの会」の歩みから ……… 24
   三 全国に広がる ……… 35
   四 「非行」を考える全国交流集会 ……… 45

第二章 「向き合う」ということ—親たちの自分探し 69

   一 少女たち、母親たち—居場所 ……… 74
   二 どうせこんなオレなんか ……… 91
   三 実は私、教師です ……… 104
   四 この線を越えたらおしまい? ……… 113
   五 「共感」できる関係から ……… 134
第三章 たしかな手応え—「親たちの会」が示すこと  143

   一 語ることで心を解き放つ ……… 146
   二 自助グループが持つ相互教育力 ……… 152
   三 親が変わり、子どもが変わるプロセス ……… 158
   四 「非行」と向き合う中で見えてきたこと ……… 163

第四章 現代社会と「親たちの会」の役割   167

   一 「親たちの会」の社会的役割 —新しい形のコミュニティ……… 168
   二 現代社会と少年非行 —厳罰化で打開できるのか……… 186

  あとがきにかえて ……… 204

装  幀 上野かおる
イラスト 九重加奈子

著者プロフィール

能重 真作 ノウジュウシンサク

1933年、千葉県生まれ。1995〜88年、中学教師。現在、教育評論家、國學院大學講師、「非行」と向き合う親たちの会代表、NPO法人非行克服支援センター理事長、不登校問題を抱える東葛の会世話人。

浅川 道雄 アサカワミチオ

1931年東京生まれ。学習院大学哲学科卒業。1956年から1992年まで東京家庭裁判所に少年係調査官として勤務。現在、日本子どもを守る会副会長、「非行」と向き合う親たちの会副代表、NPO法人非行克服支援センター副理事長。

春野 すみれ ハルノスミレ

埼玉県生まれ。「非行」と向き合う親たちの会事務局長。NPO法人非行克服支援センター副理事長・事務局長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません