「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「冬のソナタ」から見えてくるもの

「冬のソナタ」から見えてくるもの

韓流の韓国を訪ねて

フユノソナタカラミエテクルモノ

著 者
ISBN
978-4-7803-0018-5 C0095
判 型
四六判
ページ数
168頁
発行年月日
2006年04月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

「冬ソナ」はなぜ日本人女性の心をとらえたのか。韓流ブームと歴史を踏まえた日韓交流のあり方を問う。
「冬ソナ・ツアー」ガイド付き。

著者プロフィール

高柳 美知子 タカヤナギミチコ

1931年、東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。中学・高校の国語教師を経て、NHK学園生涯学習講座「人間と性」専任教師、雑誌『性と性の教育』副編集長などを歴任。現在、“人間と性”教育研究所所長、上海性科学研究センター名誉顧問、北京性健康教育研究会名誉理事、東京総合教育センター相談員、人権アクティビストの会理事。

岩本 正光 イワモトマサミツ

埼玉大学教育学部元講師。
現在日朝協会本部事務局長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません