「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

戦争と性

戦争と性

韓国で「慰安婦」と向き合う

センソウトセイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0119-9 C0036
判 型
四六判
ページ数
168頁
発行年月日
2007年08月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

戦場の兵士のセクシュアリティを検証
訪問した韓国の「ナヌムの家」での見聞を素材に、「従軍慰安婦」問題の今日的論点を浮き彫りにする。また、「慰安婦」問題を授業で取り上げた実践や、元日本兵の赤裸々な証言から、戦争とセクシュアリティーの問題を踏み込んで考察する。

目次

漫 画
「もう一度生まれたら、花に」
第1章
「ナヌムの家」をたずねて
第2章
「慰安婦」を高校の授業でとりくむ
第3章
戦場の兵士のセクシュアリティ(性と生)
第4章
日本軍「慰安婦」 いま問われていること

著者プロフィール

高柳 美知子 タカヤナギミチコ

1931年、東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。中学・高校の国語教師を経て、NHK学園生涯学習講座「人間と性」専任教師、雑誌『性と性の教育』副編集長などを歴任。現在、“人間と性”教育研究所所長、上海性科学研究センター名誉顧問、北京性健康教育研究会名誉理事、東京総合教育センター相談員、人権アクティビストの会理事。

岩本 正光 イワモトマサミツ

埼玉大学教育学部元講師。
現在日朝協会本部事務局長。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません