「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

葉山嘉樹への旅

葉山嘉樹への旅

ハヤマヨシキヘノタビ

著 者
ISBN
978-4-7803-0271-4 C0095
判 型
四六判
ページ数
276頁
発行年月日
2009年03月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

プロレタリア作家の栄光と...
小林多喜二をして「自分の父親だと思っている」と書きしめたプロレタリア作家葉山嘉樹。その栄光と「偽満州国」に至る苦悩が、今日の社会状況の中で蘇る。葉山を近代個人史の一典型と位置付け、自らの生きざまと結びつけて追い求めた、19年間を綴った史伝的小説。

目次

第一章
文学碑が取り持つ縁
第二章
父が生きた時代
第三章
同世代の人々
第四章
「海に生くる人々」を訪ねて
第五章
葉山嘉樹と「偽満州国」
第六章
祖国ノ難関ニ赴キタシ
あとがき

著者プロフィール

原 健一 ハラケンイチ

日本民主主義文学会会員

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません