「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

広島に聞く 広島を聞く〈日英対照〉

広島に聞く 広島を聞く〈日英対照〉

ヒロシマニキクヒロシマヲキク〈ニチエイタイショウ〉

著 者
ISBN
978-4-7803-0417-6 C0036
判 型
A5判上製
ページ数
252頁
発行年月日
2011年03月
価 格
定価(本体価格2,800円+税)
ジャンル

内容

広島平和研究所が5年をかけて「はだしのゲン」の中沢啓治、天皇に原爆のことを質問したテレビ記者、平和宣言を定着させた元市長、原水禁運動分裂の当事者など16人にインタビュー。
原爆と原水禁運動に関する歴史的な記録集。

目次

1
昭和天皇と日本(日本人)の戦争責任(中沢啓治、秋信利彦、李実根)
2
占領下の広島における平和運動(大村英幸)
3
広島の原水爆禁止運動(北西允、横原由紀夫、佐藤光雄)
4
被爆者と広島県原爆被害者団体協議会(渡辺力人、鎌田七男、坪井直、金子一士)
5
ヒロシマと平和(丸屋博、那須正幹、山下三郎、平岡敬、舟橋喜恵)

あとがきから

広島には自らにむち打って奮起してもらいたい。普遍性を持つヒロシマの平和思想をなんとしてでも和がものにしてもらいたい。そして、日本初の普遍性を持つ平和思想の担い手となって欲しい。そういう営みに対して、この本に収めた16編の文章が刺激と材料を提供することを期待してやまない。

著者プロフィール

浅井 基文 アサイ モトフミ

前広島市立大学広島平和研究所長
外務省条約局国際協定科長、駐英公使などを歴任。退職後、東京大学などで教授を務める。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません