「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ヒロシマと広島

ヒロシマと広島

ヒロシマトヒロシマ

編著者
ISBN
978-4-7803-0447-3 C0031
判 型
A5判
ページ数
192頁
発行年月日
2011年07月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

保守が跋扈し、平和勢力が分断される「現実の広島」で、大江健三郎『ヒロシマ・ノート』に挑み批判的に克服を試みながら、「思想としてのヒロシマ」を探求した広島平和研究所長としての6年間。
その総決算として本書が生まれた

目次

第一章
広島で学んだこと
第二章
平和とは
第三章
現実としての広島
第四章
思想としてのヒロシマ
あとがき
福島原発事故に想うこと

編集者のコメント

広島の本はたくさん出版されていますが、平和研究所長が、現実とのみずからの格闘の足跡をつづったこの本は、たんなる理想論としての平和ではなく、現実に通用する平和論だと言えます。障害をもったお孫さんから学んだ人権思想など、とてもリアルで、胸を打ちます。

著者プロフィール

浅井 基文 アサイモトフミ

前広島市立大学広島平和研究所長
外務省条約局国際協定科長、駐英公使などを歴任。退職後、東京大学などで教授を務める。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません