「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

母と子への贈物

母と子への贈物

ジブリ宮崎作品にこめられた思い

ハハトコヘノオクリモノ

著 者
ISBN
978-4-7803-0670-5 C0011
判 型
四六判
ページ数
232頁
発行年月日
2013年12月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

ジブリ宮崎駿作品には、子育てのヒントが一杯!
5編の長編アニメから読み解く、思春期を生きる子どものすこしばかりせかされた自立と、親・教師の言葉かけ。
そこには宮崎監督の「母と子の和解」への思いが込められていた。

目次

第一章
『となりのトトロ』――子どもたちへの言葉のプレゼント
第二章
『おもひでぽろぽろ』――トラウマとその癒し
第三章
『千と千尋の神隠し』――湯婆婆が千尋に教えたこと
第四章
『崖の上のポニョ』――母との和解
第五章
『借りぐらしのアリエッティ』――ファンタジーによる救い
第六章
宮崎駿の追う二つのテーマ――まとめに代えて

まえがき より

母親の入院は七〜八年に及び、宮崎は母親に甘えることもできず(=親不在のテーマ)、無理していい子を装い(=せかされた自立のテーマ)、しだいに屈折し、たどりついたのが、「生まれてこなければよかった」という思いだったといいます。・・・そうしたトラウマや母子葛藤を、宮崎が作品を作りつづける過程でどのように乗り越えていったのか、そのことを考察したいのです。

読者の声

投稿者:女性 56歳 教員

評価: ☆☆☆
2歳半の長男の成長が標準より遅れていて悩んでいました。発達障害の可能性を医者に否定も肯定もされず、毎日モンモンと苦しんでいました。この本を本屋で読んだ時、涙が出てしまいました。帰って主人に息子が他の子と比べて成長が遅いことで悩んでいて、育児が辛いことを伝えると、子どもと離れる時間を持てるよう配慮してくれました。

著者プロフィール

光元 和憲 ミツモトカズノリ

ちば心理教育研究所所長(臨床心理士)。小児科・精神科での心理臨床歴24年を経て、同研究所を開設、日々カウンセリングに従事する。大学や専門学校で非常勤講師を務め、講義にジブリ作品を取り入れる。千葉県児童虐待対応専門委員、NPO法人虐待から子どもを守る支援ネットワークちば代表。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

毎日新聞(千葉版)
[2014年1月21日]に紹介