「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

仄かな希望

仄かな希望

アスベストに冒された中皮腫患者の闘病記

ホノカナキボウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0828-0 C0036
判 型
四六判
ページ数
304頁
発行年月日
2016年03月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

「術後3年生存率20%」と宣告されたアスベストに冒された中皮腫患者の小説形式の闘病記。死と向き合う克明な記録は、関係者への共感を誘う道標ともなる。
 推薦・解説 古川和子(中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会会長)

読者の声

投稿者:女性 70歳 主婦

評価: ☆☆☆☆
今回のような本が出版される日を待っていた1人です。新聞の記事を見てすぐ書店にいき、注文をしました。今後、どのように症状が変化するのか、知っていたい。本を読んで治療の大変さにまた、むなしさに気付かされました。20%のハードルを乗り越えていただくことを祈っています。この先多くの人にとても参考になる本だと思います。生き方を考える勇気をもらいました。感謝。

著者プロフィール

1948年、高知県生まれ。芝浦工業大学建築学科卒業。1級建築士。中堅ゼネコンで、アスベストが舞う現場で働いていた。64歳で中皮腫を発症、術後3年生存率は20%と宣告され、闘病中。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

毎日新聞[2016年7月22日]に紹介

毎日新聞[2016年6月29日]に紹介

しんぶん赤旗[2016年4月10日]に紹介

中日新聞[2016年3月29日]に紹介