「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

米中の狭間を生き抜く

米中の狭間を生き抜く

対米従属に縛られないフィリピンの安全保障とは

ベイチュウノハザマヲイキヌク

編著者
新外交イニシアティブ(ND):企画
ISBN
978-4-7803-1195-2 C0031
判 型
A5判
ページ数
108頁
発行年月日
2021年12月 
価 格
定価(本体価格1,300円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

米軍基地を市民力で撤去し30年、大国米中を相手にしたたか外交を続けるフィリピン。「駐留なき安保」は可能か?
アメリカ一辺倒の日本に問われる国民主権外交。
■推薦■ 柳澤協二(元内閣官房副長官補)

目次

第一章 フィリピンを巡る外交
第二章 米中の争いにおける東南アジア
第三章 在比米軍基地閉鎖への道程
第四章 基地撤退後の経済・基地跡地利用の現状
第五章 フィリピンの「米軍基地なき安保」
第六章 揺らぐ米比関係
終 章 提言:強かな外交と、国民主権と~フィリピンの経験から学ぶこと

著者プロフィール

猿田 佐世(サルタサヨ)

新外交イニシアティブ代表、弁護士。外交・政治分野において、米議会などでロビー活動を行うほか、日本の国会議員らの訪米活動をサポートする。

関連情報

現在はありません