「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

これだけは伝えておきたい ビキニ事件の表と裏

これだけは伝えておきたい ビキニ事件の表と裏

第五福竜丸・乗組員が語る

コレダケハツタエテオキタイビキニジケンノオモテトウラ

著 者
ISBN
978-4-7803-0095-6 C0036
判 型
四六判
ページ数
168頁
発行年月日
2007年07月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

ビキニ事件について問いかける
第五福竜丸の乗組員だった著者だからこそ、伝えなければいけないことがある。ビキニ事件は、けっして過去のことではない。現在も被爆者たちは闘っている。そして、核兵器廃絶を訴え続ける著者。平和とはどういうことか?ビキニ事件を知らない若い人たちに問いかける。

目次

大石さんに寄せて
ー安斎育郎(立命館大学国際平和ミュージアム館長)
プロローグ
1
最後の航海
2
ビキニ事件の裏側
3
命の岐路で
4
誰かが伝えなければ
エピローグ
ビキニ事件年表と講話一覧

読者の声

投稿者:女性 63歳

評価: ☆☆☆
2011年東日本大震災が、ありました。その時、福島の原発がメルトダウンをおこして、人煙が発生した。今でも福島の方々は故郷に帰れず、他で暮らしている方もいらっしゃる。原爆・水爆・原発も核兵器だ。人間の知性がもたらした、また、人間がコントロールできない物はやがては、人類をほろぼすだろう。こわいことです。核は使用してはダメ。

著者プロフィール

大石 又七 オオイシマタシチ

1934年、静岡県生まれ。53年から第五福竜丸に乗り込む。54年ビキニ環礁でおこなわれたアメリカの水爆実験で被爆。元第五福竜丸乗組員。第五福竜丸平和協会評議員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません