「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

格差社会を生きる

格差社会を生きる

男と女の新ジェンダー論

カクサシャカイヲイキル

著 者
ISBN
978-4-7803-0201-1 C0036
判 型
四六判
ページ数
184頁
発行年月日
2008年07月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

女性はずっとワーキングプアだった。
いま、非正規のなかにさえ、男女格差がある。
税制、社会保障、年金と、あらゆる面で女性を一人前の人間として扱ってこなかった制度、歴史にメスを入れる。
新たに「男」の問題にも注目。「男らしさ」の押し付けが、家族を養う男性像を生み出し、「男の生きにくさ」につながったのではないか。
「男らしさ、女らしさ」のしばりから解き放たれて生きるために、男性にこそ読んでほしい。

目次

第1章
女と男を考える
第2章
格差社会のなかのジェンダー
第3章
男らしさ、女らしさのルーツを考える
第4章
今もあるジェンダー差別
第5章
ジェンダー・バッシングに負けない
第6章
私の人生何だったの?と嘆かないために

著者プロフィール

杉井 静子 スギイシズコ

第二東京弁護士会副会長、日弁連・両性の平等に関する委員会委員長、関東弁護士会理事長などを歴任.離婚問題、DVなどの女性の人権を問いつづけるとともに、憲法を守る運動でも活躍。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません