「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

京都の暮らしに生きる常備菜

京都の暮らしに生きる常備菜

キョウトノクラシニイキルジョウビサイ

編著者
ISBN
978-4-7803-0210-3 C0077
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2008年10月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

常備菜のある暮らしを!
小さいころに食べた「あの懐かしい味」をご自分で作ってみませんか!
毎日の食事づくりは頭を悩ますところ。でも大丈夫!旬の食材を使った常備菜や保存食を作っておけば、いつでも食卓は豊か。特に京都の主婦がいつも作りおきしている季節感溢れる常備菜を丁寧なレシピで、ポイントも紹介。

編集者のコメント

常備菜のある暮らし それは、豊かな食卓づくり!
毎日の食事づくりは時間に追われがちで、品数もそんなに多くはできません。
でも、常備菜や保存食を常に用意しておけば、いつでも食卓が潤います。常備菜や保存食のある暮らしは、食卓を豊かにするだけでなく、気持ちも豊かにしてくれます。
「食の安全」がゆらぐ日本。肉も牛乳も、お米でさえも安心して食することが困難になってきて、「何を食べたらいいのか」とため息をつきたくなります。
それでも家庭でつくる常備菜や保存食は、華族の好みや体の状態に合わせて作る「わが家の味」です。自分で調理するので何よりも安心して食べられます。
本書には、会員の家庭で受け継がれ、慣れ親しんだ味のなかから常備菜と保存食を取り上げています。素材の選びかたや扱いかた、調理に役立つコツなどもくわしく紹介。小さいころに食べた「あの懐かしい味」をご自分で作ってみませんか! レシピ通りに作れば絶対おいしい!と自信のレシピ集です。
他にも、『京都発 旬の野菜をつかって133品』と、『京都から伝えたい家庭の食ごよみ』の既刊本があります。

著者プロフィール

京都食べもの文化研究会 キョウトタベモノブンカケンキュウカイ

京都に暮らす主婦の会で、昭和59(1984)年に発足。
日本の食文化の原点である京都の食文化を受け継ぎ、伝えていくためにさまざまな活動を続けている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません