「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

岐路に立つ保育園

岐路に立つ保育園

社会保障審議会少子化対策特別部会はどんな未来を描いたか?

キロニタツホイクエン

著 者
ISBN
978-4-7803-0281-3 C0036
判 型
A5判
ページ数
208頁
発行年月日
2009年06月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

保育制度はどう変えられようとしているか
本書は、厚生労働省社会保障審議会少子化対策特別部会[大日向雅美部会長]が2009年2月に出した[第一次報告]について、保育・子ども政策研究会会員が、それぞれ問題点をまとめた論稿を集めたものです。
遅くとも2013年には実施されるという「新たな保育の仕組み」とはなにか、保育所保育はどうなっていくのか、多面的に解明しています。

目次

序 説
誰のための「未来への投資」なのか
中村 強士
第1章
少子化対策特別部会第一報告からみえてくるもの
奥野(杉山)隆一
第2章
厚生労働省主導の保育制度改革は何をもたらすのか
中山 徹
第3章
保育の準市場化と新たな保育の仕組み
岡崎 祐司
第4章
直接契約・直接補助制度の導入はなぜ問題か
中村 強士
第5章
「育児保険」構想のねらいと背景
勝部 雅史
第6章
2000年以後、保育制度改革はどう展開してきたか
西垣 美穂子

訂正について

102頁図1の出所についての記載が脱落していました。
二宮厚美教授をはじめ、関係各位にお詫びして訂正いたします。
出所:二宮厚美「保育構造改革の現局面と保育所の未来」保育研究所編『保育情報』No.382、2008年9月、4頁、図1。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません