「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもが育つ生活空間をつくる

子どもが育つ生活空間をつくる

コドモガソダツセイカツクウカンヲツクル

著 者
ISBN
978-4-7803-0282-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
222頁
発行年月日
2009年08月 
価 格
定価(本体価格2,100円+税)
ジャンル

内容

子どもを育てることへの希望を取り戻すためにどうするか?地域の子育て環境の崩壊を食い止め、子どもが発達する場としてのなにげない生活圏の豊かさをとりもどす=コミュニティ再生の試みを具体的に描き出す。
イキイキ、ワクワク、子どもたちが育ち合い、大人たちが支え合う。身近な暮らしのすぐ傍らに、いつでも欲しいステキな子育てネットワーク。今すぐ第一歩を踏み出したくなるヒント満載の一冊です。

【増山均先生(早稲田大学文学学術院教授)すいせん!】

目次

第1部
豊かな生活を保障する保育・子育て支援
1 保育所に通う子どもたちの家庭生活
2 学童保育所に通う子どもたちの家庭生活
3 ファミリー・サポート・センター事業の可能性と課題
第2部
共同の子育て環境を創造する試み
1 子育てひろば
2 「育ちあい」の場としてのプレイセンター『ピカソ』
3 スウェーデンのオープンプレスクール
4 デンマークのデイケアマザー
第3部
地域の空間を子どもたちの居場所に
1 団地・ニュータウンの日常生活
2 都心居住地の蓄積が生む生活空間の豊かさ
3 地域を自由な遊び場にープレーパークづくり
4 コミュニティサロンと「子どもによる子どものための場づくり」
5 子どもの生活空間における「こわかった場所」と「こわそうな場所」のズレと対策
6 子どもが遊びまわれる地域環境

編集者のコメント

市民参加・地域資源の活用による地域再生が全国の自治体で模索されているが、そのなかで、子育て支援を中心とした次世代育成環境の創造をどうすすめるか、市町村および民間団体・NPO等の取り組みに役立てる提案を行っています。

著者プロフィール

小伊藤 亜希子 コイトウアキコ

現在、大阪市立大学大学院生活科学研究科准教授。

室崎 生子 ムロザキイクコ

子どもの発達と住まい・まち研究室主宰。工学博士。本書の企画代表者。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

協う第115号
[2009年10月]に紹介

日本家政学会誌
[Vol.60 No.11(2009)]に紹介