「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

血液型が変わる手術からの生還

血液型が変わる手術からの生還

臍帯血移植を乗りこえて

ケツエキガタガカワルシュジュツカラノセイカン

著 者
ISBN
978-4-7803-0386-5 C0047
判 型
四六判
ページ数
200頁
発行年月日
2010年09月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

慢性骨髄性白血病の宣告
骨髄バンクではマッチするものが見つからない
遺されたのは臍帯血による骨髄移植だけ
赤ちゃんの臍の緒の血液から細胞を移植するのだ
それは赤ちゃんの血液型はもちろんその体質をも受け継ぐことを意味した
赤ちゃんのアレルギーの影響で食物アレルギーに陥り猛烈なかゆみと呼吸困難に襲われながら満身創痍のなかを4年4ヶ月生き抜いたその記録は白血病患者やその家族に対して大いなる励ましを与えるだろう

目次

はじめに
臍帯血移植とは
第一部
移植手術時の病床メモから
第二部
心不全から移植、そして社会復帰へ
第一章 『白血病』告知まで
第二章 命の血液を求めて
第三章 『死』から『希望』へ
第四章 『移植』の決意まで
第五章 臍帯血移植へ
第六章 『早期退院』失敗の連続
第七章 3ナイ主義と『社会復帰』
おわりに
妻から同じく苦しむ人へ

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません