「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

協働の子育てと学童保育

協働の子育てと学童保育

共同学童保育で育つ札幌の子どもたち

キョウドウノコソダテトガクドウホイク

著 者
ISBN
978-4-7803-0388-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
200頁
発行年月日
2010年10月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

放課後の子どもの発達を支え、親の就労を保障する取り組みから生まれた共同学童保育所。地域に根ざし、一人ひとりの子どもに深くかかわった実践と、保護者が運営する協働事業の展開のなかに、子育て危機の時代の希望をみる。

目次

はじめに
子育て危機と学童保育
第1部
■共同学童保育の現場から
序章
地域のなかで育つ子どもたち
1章
六年間の軌跡ー学童保育で育つ子どもたち
2章
子ども・家族を協働で支える
3章
子どものからだの発達と外あそび
4章
子ども集団の育ちーおとまり会の取り組み
5章
障がいのある子の放課後生活
第2部
■協働で育つ希望
1章
子育てを支える学童保育の父母会
2章
実践のなかで育つ指導員
3章
札幌市における学童保育の歴史と課題
4章
人が育ちあうコミュニティー共同学童保育の現代的意義

著者プロフィール

宮崎 隆志 ミヤザキタカシ

北海道大学大学院教育学研究院教授。子ども発達臨床教育センター子ども支援部門。労働者協同組合、青年のひきこもり、子育て協働などをテーマに、国内外で調査・研究を進めている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません