「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

国保広域化でいのちは守れない

国保広域化でいのちは守れない

国民皆保険の土台、顔の見える市町村国保再生への提言

コクホコウイキカデイノチハマモレナイ

編著者
ISBN
978-4-7803-0394-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2010年11月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

後期高齢者医療制度の見直しとともに、急速に進む国保広域化の動き。そこには具体的な提起はほとんどなく、「広域化によるスケールメリット」など抽象的な幻想が先行しています。しかし、広域化がもたらすものは、保険料アップや条例減免の全廃、短期保険証・資格証明書の機械的発行など、現在以上に住民を医療保障から遠ざけること。国保広域化とは、市町村の住民の命を守る仕事を放棄することにほかなりません。

目次

第1章
国保広域化は何を狙うのか
第2章
高すぎる保険料問題と国保等の広域化
第3章
社会保障運動は国保をどう充実させてきたか
1、町村の国保担当者も議会も「国保は私たちの手で」と
2、「資格証明書・ゼロ」への取り組み
3、東大阪市 日本一の一部負担金減免はいかにつくられ、守ってきたのか
4、石川県川北町 住民の暮らしや顔が見える小さな町の大きな実践
5、無保険の子ども住民運動とマスコミの共同で国が動いた
第4章
国民健康保険の歴史...市町村国保はいかにつくられたのか
1、戦前から1958年新国保法まで
2、新国民健康保険法の成立とその背景
第5章
[提言]住民の健康とくらしを守る国保へ

著者プロフィール

寺内 順子 テラウチジュンコ

大阪社会保障推進協議会事務局長

寺越 博之 テラコシヒロユキ

石川県社会保障推進協議会事務局長

平澤 章 ヒラサワアキラ

長野県民医連飯伊地域連絡会事務局長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

民医連医療No.464
[2011年03月]に紹介

全国商工新聞
[2011年02月21日]に紹介