「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

交通基本法を考える

交通基本法を考える

人と環境にやさしい交通体系をめざして

コウツウキホンホウヲカンガエル

著 者
ISBN
978-4-7803-0410-7 C0065
判 型
A4判
ページ数
144頁
発行年月日
2011年01月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

新たな人権としての交通権とは何か?
交通格差・交通弱者をなくすために
市民本位で豊かな交通基本法の実現を!
来春には交通基本法法案が国会に上程される見通しである。路線廃止など交通格差の広がりを直視し、新たな人権としての交通権の確立と、政府案の改善点を提言する。交通学会の研究成果を問う1冊。
JR、バス、タクシー、航空...経営者・職員、自治体関係者、障害団体を始め、足を守るみなさん必読!

目次

交通基本法に寄せて
1
交通基本法と移動の権利
2
現代日本の交通問題
3
交通の制度改革
資料

著者プロフィール

交通権学会 コウツウケンガッカイ

交通権ならびに交通問題に関する研究とその成果の普及を通して市民本位の豊かな交通体系を創出していくことを目的としている。法学、経済、経営学、社会学、福祉学、理工学など多分野からなる会員によって構成されている
LinkIconホームページはこちら

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません