「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

京都に海の水族館?

京都に海の水族館?

かもがわブックレット 180
市民不在のまちづくり計画

キョウトニウミノスイゾクカン?

著 者
ISBN
978-4-7803-0425-1 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2011年04月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

世界遺産の地・京都の玄関口に位置する梅小路公園の敷地内で、一企業による海洋水族館の建設が始まりました。京都市と企業は、市民の不安や疑問、意見を受けとめているでしょうか。そして、市民自身は、この水族館計画を検証してきたといえるでしょうか。生物多様性の価値が叫ばれる一方で、身近な自然はめっきり乏しくなってしまいました。森、川、原っぱなどを、生きものを育む視点や地域の力を培う視点から、より大切にしたいものです。環境モデル都市・京都でこそ、それらを踏まえた「まちづくり」の議論が望まれます。このブックレットは、京都水族館(仮称)問題のあらましと、シンポジウムや学習会の成果を、寄稿を交えて掲載したものです。“水族館”の背後にあるさまざまな問題を知るために手をとっていただき、「まちづくり」を市民の手に取り戻すことを、ともに考えていただければと思います。

目次

第1部●
“いのちの森”の公園に、水族館計画

梅小路公園といのちの森

水族館建設問題について

・・・京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会

第2部●
連続シンポジウム 『京都・梅小路公園に水族館?』から
1)いのちと環境から考える

講演・対談:中村桂子・山極寿一

鼎談:山極寿一・佐藤春仁・西村仁志

2)生物多様性から考える

講演・対談:川那部浩哉・辛島司郎

3)『環境教育』から考える

講演・対談:高野孝子・内藤正明

第3部●
水族館計画が問いかけること

高橋昌明・湯本貴和・山極寿一・新川達郎・田中克・内藤正明・下村泰史

コラム
あべ弘士・亀崎直樹
あとがきにかえて
梶田真章

著者プロフィール

京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会 キョウトスイゾクカン(カショウ)トウメコウジコウエンノミライヲカンガエルカイ

京都市下京区の梅小路公園の一角に、オリックス不動産株式会社が国内最大の内陸型水族館を、また西日本旅客鉄道株式会社が鉄道博物館の建設を計画しています。

「京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会」では、この計画に賛同される方、疑問を持つ方が対話し、意見交換する中で、梅小路公園を、より市民が誇りと親しみを持てる魅力的な公園にしていくことを目指しています。

HPはこちら

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

毎日新聞[2011年8月07日]に紹介

京都新聞 [2011年4月14日]に紹介