「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

継体天皇を疑う

継体天皇を疑う

東アジアから見た古代日本史の謎

ケイタイテンノウヲウタガウ

編著者
ISBN
978-4-7803-0428-2 C0021
判 型
A5判
ページ数
256頁
発行年月日
2011年04月 
価 格
定価(本体価格2,400円+税)
ジャンル

内容

6世紀日本の真実は各地自立王国+ヤマト王権だ!
中国・韓国史料と日本の古代遺跡(巨大古墳・広大山城等)から列島政治文化の様相を読み解く。
対外蔑視と「ヤマト原理主義」の源は藤原氏似よる時空を超えた「天皇家」の創作だった! 
「起記」の謎に挑む元放送記者、関西・福岡・金沢・北京・沖縄に住み、「日本書紀」探究半世紀の結語。

目次

第一章
文献と考古遺跡への疑い
第二章
オオトの「足跡」ー王都、墓、戦い
第三章
六世紀の遺跡・遺物から
第四章
中国史料の六世紀(付・朝鮮史料)
第五章
オオト大王の創作
第六章
実際の六世紀政権
第七章
道義、道理なき「記紀」

著者プロフィール

壱岐 一郎 イキイチロウ

1931年、東京・雑司ヶ谷生まれ。旧制四高(金沢)修了、東北大・法卒、九州朝日放送・北京放送勤務、東海大福岡短大、沖縄大勤務、2004年より関西在住。元国会、交通記者。日本記者クラブ会員、天津社会科学院・東北亜研特別研究員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません