「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

学童保育研究 第12号

学童保育研究 第12号

子どもたちが育つ放課後に

ガクドウホイクケンキュウダイ12ゴウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0480-0 C0336
判 型
A5判
ページ数
136頁
発行年月日
2011年10月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

放課後の子どもたちの暮らしはどうなっているのでしょうか。「忙しく時間がない」放課後を、子どもたちはどのように過ごし、どのように育っているのかに焦点をあてて、現代の子ども・社会と放課後像についてさぐります。学校の教職員と学童保育指導員、それぞれの立場からレポートで子ども理解を深めあいます。

日本学童保育学会が設立され、学童保育指導員専門性研究会のとりくみも新しい段階に入りました。研究誌『学童保育研究』第12号も、放課後の子どもたちにかかわる人びとの知恵と経験をあつめて、育ちにくさを克服、実践のあり方・考え方について提案しています。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません