「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

憲法九条裁判闘争史

憲法九条裁判闘争史

その意味をどう捉え、どう活かすか

ケンポウキュウジョウサイバントウソウシ

著 者
ISBN
978-4-7803-0575-3 C0032
判 型
四六上製判
ページ数
352頁
発行年月日
2012年10月 
価 格
定価(本体価格3,000円+税)
ジャンル

内容

戦後、自衛隊と在日米軍の違憲性が問われた砂川裁判(57〜59)、恵庭裁判(62〜67)、長沼裁判(69〜82)、百里裁判(76〜89)。
その全ての弁護団で中心をになったのが内藤功だ(84歳)。
いまも第一線で活躍し、米軍と一体となった航空自衛隊の輸送は憲法九条違反だと認定されたイラク訴訟(04〜08)でも、体験を活かして全国の弁護団を励ました。
その貴重な体験と思想を受け継ごうと、若い弁護士が数十時間のインタビューを敢行。自衛隊と米軍を考える上で示唆に富む内容は、過去ではなく現在につながる記録として得がたいものとなった。

目次

序 章
原点
第一章
砂川刑事特別事件
第二章
恵庭訴訟
第三章
長沼訴訟
第四章
百里訴訟
第五章
イラク訴訟
終 章
現在

本書より

ー内藤さんはなぜ、いまもそれだけ意欲的に自衛隊問題に取り組めるのですか?
内藤 それは、イラク訴訟を札幌で戦った元自民党代議士の箕輪登さんではないけれど、やはり「我、自衛隊を愛す 故に、憲法九条を守る」という、そういう気持ちからでしょう。

著者プロフィール

内藤 功 ナイトウイサオ

弁護士。
総評弁護団をへて、現在、自由法曹団常任幹事、日本平和委員会代表委員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません