「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

語りべのドイツ児童文学

語りべのドイツ児童文学

O・プロイスラーを読む
奈良女子大学文学部〈まほろば〉叢書

カタリベノドイツジドウブンガク

著 者
ISBN
978-4-7803-0591-3 C0398
判 型
A5判
ページ数
156頁
発行年月日
2013年01月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

故郷ボヘミアの風土と古来の民話の枠組みをたよりに紡がれた『クラバート』の魅力や、『ホッツェンプロッツ』の原文の楽しみ方などを解説。あらかじめ用意された教訓や主張からではなく、民話・伝説の世界を新たに語り直す「語りべ」としてのプロイスラーの魅力にせまる。

目次

1.
ホッツェンプロッツをドイツ語で
2.
妖怪の故郷を語る
3.
ハリー・ポッターと核戦争のあいだで
4.
「ぼくはクラバート」ー民話と名のり
5.
辺境・賤民・ソルブの伝説ー『クラバート』の背景
6.
ゲームとしての人生
7.
語りべとしてーおわりに

読者の声

投稿者:54歳 女性 無職

評価: ☆☆☆☆
児童文学(あるいは文学)観、教育観、ひいては人間いかに生きるべきといったテーマまでを「プロイスラーを読む」ことに的を絞りつつ豊かに語りかけている。たいくつさせない構成と内容、量的にも無駄がない。私は50歳を超えるが、現役の学生さんたちにもよい書物だと嬉しくなる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません