「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

子どもの発達と描く活動

子どもの発達と運動会

就学前体育カリキュラム論序説

コドモノハッタツトウンドウカイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0599-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
112頁
発行年月日
2013年04月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

保育・教育活動にかぎらず、保護者や地域の期待も反映しながら、保育園・幼稚園では欠かすことのできないものとなっている「運動会」。からだの発達に加え、集団づくりという面も大きい取り組みです。そのなかにスポーツのもつ「勝ち・負け」や「できる・できない」という壁をどう位置づけるのか、乗り越えるには? 「見せる」要素をどうするか? 日常の体育あそびの工夫を含め、子どもの発達から運動会を見直す。

目次

第1章
「運動会」って、なんなの!?
第2章
「できる」「できない」の壁を乗り越える
第3章
「勝ち」「負け」の壁を乗り越える
第4章
幼児のための「体育カリキュラム」
コラム
障害児の運動会参加/泳げなくてもいいよ!

編集者のコメント

当たり前のように行われている保育園・幼稚園の運動会を、スポーツ科学・子どもの発達と集団づくり、カリキュラムと保育実践など、総合的に捉え直し、よりよくつくりあげるためのヒントがいっぱい。

「できる」「できない」の壁、「勝ち」「負け」の壁を乗り越えるには!

著者プロフィール

中瀬古 哲 ナカセコテツ

県立広島大学人間文化学部健康科学科教授。
広島県保育団体連絡会会長。
スポーツ科学専攻、保育士養成にかかわる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません