「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

苦しみは歓びをつくる

苦しみは歓びをつくる

平沢保治対話集

クルシミハヨロコビヲツクル

著 者
ISBN
978-4-7803-0631-6 C0098
判 型
四六上製判
ページ数
282頁
発行年月日
2013年06月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

ハンセン病療養所に70年以上暮らし人権回復を願ってたたかってきた回復者と、医療、障害者、法律、行政各分野の第一人者との対話。

対談した方々(肩書きは対談当時のもの)

日野原重明
聖路加国際病院理事長
笹川陽平
日本財団会長
熊木令次
東村山市元市長
吉本哲夫
障全協元会長
川田龍平
薬害エイズ訴訟元原告
吉戒修一
法務省人権擁護局長
小倉昌男
ヤマト福祉財団理事長
横田洋三
人権教育啓発推進センター理事長
大谷藤郎
国立ハンセン病資料館館長

著者プロフィール

平沢 保治 ヒラサワヤスジ

1927年生まれ。
14歳でハンセン病国立療養所多摩全生園入所。今も同園在籍。
戦後ハンセン病患者運動、地域障害者運動にかかわり、近年は小中学校での講演活動にまい進する。国立ハンセン病資料館運営委員。
吉川英治文化賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません