「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

軍国少年がなぜコミュニストになったのか

軍国少年がなぜコミュニストになったのか

わが戦前・戦後史

グンコクショウネンガナゼコミュニストニナッタノカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0697-2 C0036
判 型
四六判
ページ数
240頁
発行年月日
2014年05月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

曲がりくねった道をまっすぐ生きたー。
海軍兵学校に入り、戦後は日本共産党の国会議員として活躍した著者の波乱に満ちた人生を描く自伝。
妻の画家いわさきちひろとの出会いと死別も胸を打つ。

目次

第一章
出版社・大同書院の長男として生まれて
第二章
熱烈な軍国少年としてー北野中学の日々
第三章
海軍兵学校七十五期生ー江田島奮戦の記
第四章
敗戦後、東大法学部生として日本共産党へ
第五章
嵐の時代にいわさきちひろと出会う
第六章
人民のための弁護士として
第七章
衆院議員に初当選する
第八章
共産党が野党第二党になった国会で
第九章
自民党政治を根底から批判し続けて

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません