「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

混迷する東アジア時代の越境人教育

混迷する東アジア時代の越境人教育

コリア国際学園の軌跡

コンメイスルヒガシアジアジダイノエッキョウジンキョウイク

著 者
ISBN
978-4-7803-0751-1 C0036
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2015年03月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

在日コリアンの模索をとおし、変わりゆく高等教育の「今」が見える
大阪・茨木市に2008年にできた学校法人「コリア国際学園」。在日コリアンも3、4世の時代となった。従来の集団主義的な民族教育では、個人の可能性を潰してしまう・・・。そんな考えから、国境を越え、さまざまな民族・文化の人々と共生できる人材を目指す「越境人教育」を掲げた新しい学校が誕生した。
財政難や学校運営の危機を乗り越え、「越境人」の理念は、国際バカロレア取得に向けて進み出している。コリア国際学園の苦難と成長の足跡を仙る。
悪化する日韓関係のなかで、在日3、4世は何を考えるのか
日本の大学入試改革で今後、求められる思考力・判断力を育てる授業とはどんなものなのか

目次

はじめに
プロローグ
ー風に揺れる花
第1章
船出ー次世代の教育を求めて
第2章
苦闘ー逆風の中の学校づくり
第3章
探求ー「考える教育」への協働
第4章
挑戦ーグローバル教育への飛躍
第5章
葛藤ー境界で揺れる卒業生の声
第6章
未来ー保護者と理事の声
第7章
共生ー地域からグローバルへ
エピローグ
ー越境人の理念を掲げて
おわりに

著者プロフィール

脇阪 紀行 ワキサカノリユキ

1954年生まれ。ジャーナリスト。30年余りの新聞記者生活を経て、2013年9月から大阪大学未来共生イノベーター博士課程プログラムの特任教授。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません