「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

子どもの権利最前線 カナダ・オンタリオ州の挑戦

子どもの権利最前線 カナダ・オンタリオ州の挑戦

子どもの声を聴く コミュニティハブとアドボカシー事務所

コドモノケンリサイゼンセンカナダ・オンタリオシュウノチョウセン

著 者
畑 千鶴乃・大谷 由紀子・菊池 幸工
ISBN
978-4-7803-0951-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
180頁
発行年月日
2018年02月 
価 格
定価(本体価格2,100円+税)
ジャンル

内容

子育てに心配な家庭に可能なかぎり早く適切な支援を地域で提供するカナダ・オンタリオ州のコミュニティハブ、子どもとユースの声を聴き、子どもとユースが社会の主体となっていくプロジェクトを支えるアドボカシー事務所。子どもの権利を追求し、日々チャレンジを続けているカナダ・オンタリオ州の取り組みをリアルに紹介することで、日本の児童福祉・社会的養護・子育て支援や貧困対策が学ぶべきことをまとめました。

目次

第1部
カナダ・オンタリオ州の子ども・家庭支援のデザイン
第1章 オンタリオ州の政策動向
第2章 トロント市の政策動向
第3章 日本の政策課題-地域子ども家庭支援拠点と子どもアドボカシー
第2部
コミュニティハブは子どもと家庭に支援をつなぐ地域の最前線
1 ウォーターフロント・ネイバーフッドセンター
2 再開発地区=リージェントパーク
3 移民や難民を抱える地区の2つのハブ
4 LGBTQに焦点を当てた519コミュニティセンター
5 「ベストスタート」モデル都市・ハミルトン
第3部
子どもの権利擁護をすすめるアドボカシー事務所の活動
第1章 オンタリオ州アドボカシー事務所が、いま取り組んでいること
第2章 「子どもたちの声」とインクエスト
第3章 ユースとのパートナーシッブ

著者プロフィール

畑 千鶴乃 ハタチヅノ

鳥取大学地域学部。保育から子育て支援、社会的養護まで広く児童福祉の研究・調査を行っている。カナダ・オンタリオ州に学んで、日本の児童福祉の発展をめざす実践を地域で進めている。

大谷 由起子 オオタニユキコ

摂南大学

菊池 幸工 キクチコウコウ

カナダ在住。オンタリオ州「子どもアドボカシー事務所」のアーウィン・エルマン氏との交流も長く続けていて、日本からの視察・研修の通訳、研究コーディネーターとしてカナダ・オンタリオ州、トロント市の取り組みを発信している。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません