「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

京都シネマスケッチ紀行

中島貞夫監督と歩く

キョウトシネマスケッチキコウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0975-1 C0074
判 型
A5判
ページ数
192頁
発行年月日
2018年09月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

真如堂のそばで生まれ育った著者・大森。
東映のチャンバラ映画全盛期だった時代、そこは映画のロケ地として多くの名優が訪れた。チャンバラ映画に夢中だった子供時代を回想しながら、日本映画発祥の地である京都の史跡を訪れるスケッチエッセイ。
中島貞夫監督の短文エッセイ20編も収録。

目次

第一章
京都キネマ紀行
第二章
チャンバラ映画私史
第三章
素浪人の京都そぞろ歩き
第四章
もう少し、映画のことを

読者の声

投稿者:男性 70歳代 無職

評価: ☆☆☆☆☆
私は著者の大森氏と近い年齢で、大変興味深くまた懐かしい思いで拝見しました。特に「新諸国物語」に熱中されていたことなど、ほんとにもう他人とは思えないほどの親近感を持ちました。しかも偶然にも私と同じ洛西ニュータウンにお住まいだとのこと、嬉しくなってしまいました。スケッチされている場所はみな馴染みのある所ばかりです。大森さん、ありがとう!

投稿者:男性 82歳 無職

評価: ☆☆☆☆
久々に爽やかで心あたたまる読み物でした。大森氏とは一世代ちがいの私ですが、昭和30年代の時代のさまざまな事象・背景が懐かしく思い出されました。まったく不案内の京都についても教えていただきました!

著者プロフィール

大森 俊次 オオモリシュンジ

1949 年京都市生まれ、鴨沂高校在学中より関西美術院でデッサンを学ぶ。大阪経済大学卒業。医師協同組合事務局勤務の傍ら水彩スケッチ、エッセイ執筆を続け、退職後、スケッチエッセイストとして活動。

関連情報

京都民報
[2018年10月28日]に紹介

京都新聞夕刊
[2018年9月14日]に紹介