「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

くらしの中の化学物質

くらしの中の化学物質

リスク削減のために

クラシノナカノカガクブッシツ

編著者
ISBN
978-4-87699-797-8 C0036
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2004年02月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

有害物質とどうつきあうのか
化学物質は暮らしに便利さをもたらしたが、一方でリスクが深刻化している。20世紀の教訓、食の安全や「ごみ」問題など8人が提言。

目次

出版によせて
I
化学物質と人間 20世紀の教訓は何
人工の化学物質の時代——20世紀/21世紀は「多元価値社会」/フロンを例に考える/環境ホルモンとダイオキシン/リスク評価・リスク削減をどう見るか/化学物質の毒性はエンドレス/情報公開は重要な原則/どういう社会や地域をつくるか
II
レイチェル・カーソンに学び、食とくらしを見直す
40年前『沈黙の春』で警告/20世紀のツケが今/「食の安全」をめぐって/「別の道」への歩みを/スローフード、スローライフのすすめ
III
ミナマタの経験と教訓
水俣病被害はいかにしてもたらされたか/最初の異変は自然界に/希釈によって見えなくする汚染のリスク/胎児への侵襲/目的外の副生物の把握・管理/アマゾン水銀汚染問題——市民がつないだ日本の経験
IV
化学物質汚染と健康障害
1.はんらんする有害化学物質/2.化学汚染と健康障害の広がり/3.化学物質のさまざまな毒性/4.リスクアセスメントと安全基準/5.屋内大気汚染とシックハウス/6.ダイオキシン汚染と食の安全/7.化学汚染のリスクを減らすために
V
化学物質のリスクの削減と予防原則
1.化学物質のリスクを削減するためには/2.予防原則適用の確立のために
VI
子どもの健康と化学物質リスク
未来世代の健康被害は大きな損失/胎児からの環境予防医学/病気の環境要因と遺伝要因の関係/現実認知と生活介入的教育の大切さ/環境的素因は変えられる/体内に化学物質が入ると…/環境ホルモンの生体作用の特徴/臍帯から検出された化学物質/汚染されていない世界に住むのは基本的人権/複合影響と子どもに合わせた評価/環境教育とリスクコミュニケーション/胎児は自分の意識で選択できない/医学的な研究成果も踏まえて/環境健康予防医学の確立へ
VII
ごみと化学物質リスク「家庭系有害廃棄物」問題を中心に
1.現代社会の化学物質リスク/2.廃棄物に由来する環境汚染の事例から/3.家庭系有害廃棄物とは/4.家庭系有害廃棄物の実態/5.もとめられる家庭系有害廃棄物の適正処理システム
VIII
家庭系有害廃棄物の管理システムと分別収集
1.はじめに/2.家庭や小規模事業者から排出される有害廃棄物/2—1 排出・処理の事例/2—2 家庭系有害廃棄物処理の現状と有害性分類の検討/3.おわりに
あとがき

著者プロフィール

化学物質リスク研究会 カガクブッシツリスクケンキュウカイ

「くらしと協同の研究所」の研究助成を機に組織された研究会。
現在は同研究所の登録自主研究会として活動を継続している。レイチェル・カーソン日本協会、消費者団体のメンバー等で構成。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません