「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

憲法24条+9条

憲法24条+9条

かもがわブックレット 151
なぜ男女平等がねらわれるのか

ケンポウ24プラス9ジョウ

著 者
ISBN
978-4-87699-865-4 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2005年03月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

憲法改変論議の中で浮かび上がった24条変更の意図はどこにあるのか。その成り立ちから9条の平和条項などとかかわって解読する。

目次

1
自民党ニ四条改変論を読み解く
・改憲派が多数を占める国会
・最大のねらいは九条
・自民党「論点整理」の衝撃
・男女平等な「公共」の再構築
・ニ四条は平和と福祉を要請する(ほか)
2
二四条の成り立ちと意味
・日本国憲法の制定過程から
・「家」制度の否定
・家族保護主義でなく個人(保護)主義(ほか)
3
二四条の積極的価値
・ジェンダーの視点とその二つの意味
・男性支配の否定
・男女の「公的平等」「私的平等」
・男女平等型家族と福祉を実現する国家
・ニ四条は法律婚保護主義か
・ニ四条は異性婚保護主義か(ほか)

著者プロフィール

中里見 博 ナカサトミヒロシ

1966年生まれ。福島大学行政政策学類教員。「憲法」「ジェンダー・暴力・法」を担当。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません