「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

家族で語る性教育

家族で語る性教育

かもがわブックレット 156
私たちの出前講座

カゾクデカタルセイキョウイク

著 者
ISBN
978-4-87699-898-2 C0337
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2005年10月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

「赤ちゃんはどこから生まれてくるの?」と聞かれた時が、性教育を始める合図! 性教育バッシングされる今こそ、その大切さを語ろう!

目次

はじめに
第1章
赤ちゃんはどこから生まれてくるの?
第2章
男と女ー性の多様性
第3章
思春期の性って?
第4章
思春期の悩みとトラブル
第5章
高校生の「愛と性」
おわりに

著者プロフィール

赤松 彰子 アカマツアキコ

1939年生まれ
1961年 日本赤十字女子短期大学看護学科卒業。
神戸中央市民病院看護師(2年間)、三木市役所保健師(7年間)、開業産婦人科医院相談室(28年間)を勤務。

岸本 喜代子 キシモトキヨコ

1958年生まれ
助産師、保健師、上級思春期相談士。
保健所、保健師勤務の後退職。その後助産所、保健所、新生児訪問指導員、産婦人科医院勤務。

徳永 桂子 トクナガケイコ

1958年生まれ。神戸大学理学部卒。
高校理科講師、食べ物の安全と環境問題を考える市民団体「あしの会」事務局専従を経て、現在、NPO法人CAPセンター・JAPANスタッフ。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません