「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

冥誕

冥誕

加藤周一追悼

メイタン

著 者
ISBN
978-4-7803-0315-5 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
208頁
発行年月日
2009年12月
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

25氏の加藤さんへの想いを収録
昨年12月に亡くなった戦後を代表する知識人・加藤周一さんの追悼集。大江健三郎、鶴見俊輔ら25氏の想いを、没後1周年に当たって収録。

目次

大江健三郎
加藤周一さんを再読する
鶴見 俊輔
加藤さんの心棒
水村 美苗
与え、与え、与え続けた
吉田 秀和
その反語的諷刺的スタイルについて
垣花 秀武
加藤周一君よ
日高 六郎
加藤周一追悼
玄  順恵
加藤周一と小田実と
野村 万作
加藤周一先生と親子三代
山本美穂子
伊東 光晴
理性、科学と自立する心
海老坂 武
私の中の加藤周一
板垣 雄三
少数派の説得力と包容力
寺島 実郎
加藤周一とのささやかな接点
鷲巣  力
言葉と人間ー加藤さんが大切にしたもの
樋口 陽一
時代読みつつ 時流 離れ
池澤 夏樹
ユーモア含む鋭い語法
福岡 伸一
いつもはるかに遠い
高畑  勲
日本文化への警鐘と愛
一海 知義
鋭い感受性・深い洞察力
小森 陽一
加藤周一さんと九条の会
成田 龍一
加藤周一と百科事典編集
龍  澤武
大百科事典編集長としての加藤周一さん
王   敏
中国と深くかかわった加藤周一さん
桜井  均
ムシュー・カトーからの手紙
鷲巣  力
林達夫と加藤周一 読む人と書く人
最上 敏樹
終わり泣き対称性の美学

著者プロフィール

大江 健三郎 オオエケンザブロウ

1935年生まれ。
小説家。
東京大学文学部フランス文学科卒。1994年ノーベル文学賞受賞。

鶴見 俊輔 ツルミシュンスケ

1922年、東京生まれ。哲学者・評論家。東京高等師範付属小学校卒業、その後渡米し、1942年ハーバード大学哲学科卒業。
戦後、丸山真男らと『思想の科学』を刊行した。60年安保で東京工大教授を辞職、以後、反戦平和運動の分野でも活躍しており、九条の呼びかけ人でもある

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

京都新聞[2009年11月26日]
に紹介