「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

まなざしの力

まなざしの力

ヒューマンドキュメントの人々

マナザシノチカラ

著 者
ISBN
978-4-7803-1106-8 C0095
判 型
四六判
ページ数
204頁
発行年月日
2020年08月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

テレビディレクター30年の著者が、ドキュメンタリー作成の過程で邂逅した人々のまなざしに宿った力と背後に広が世界を綴ったエッセイ集
近現代史のなかで葛藤した人 戦争や不条理な権力に翻弄された経験に裏打ちされ言葉が重く深く、体の奥に染みこむ。

目次

まえがきにかえて
第1話
静かな光 カズオ・イシグロ(ノーベル文学賞受賞作家)
第2話
鎮魂の祈りをこめて 西村 勇夫(長崎・浦上の潜伏キリシタン子孫、被爆者)
第3話
老酔狂の意志と矜持 西部 邁(〝保守の論客〟といわれた思想家)
第4話
赤い背中の悲しみ 谷口 稜曄(被爆体験を世界で語り伝える)
第5話
父なるまなざし 後藤 文雄(カンボジア難民に尽くす型破り神父)
第6話
傷ついた少年の心 メアス・ブン・ラー(元ポル・ポトの少年兵、カンボジアで教育支援)
第7話
本土に問う 大田 昌秀(元鉄血勤皇隊員、元沖縄県知事)
第8話
人と人のあいだ 無着 成恭(「やまびこ学校」の実践、教育者、僧侶)
第9話
大切なものは何 本田 哲郎(カトリック神父、大阪釜ヶ崎の労働者の中で働く)
第10話
涙の理由 義父と実母(二人の死に直面して考えたこと)
第11話
教育は国家のものじゃない 大田 堯(教育界のレジェンド、日本子どもを守る会名誉会長)
第12話
少年のような、それでいて鋭く ドナルド・キーン(日本文学・日本文化研究の第一人者)
第13話
国境を越えたブルース 新井 英一(コリアンジャパニーズの歌手)
第14話
見えない糸 檀 一雄(〝最後の無頼派文士〟、直木賞作家)
第15話
大津波と万里の長城 田畑 ヨシ(田老の二度の津波を語り継ぐ絵本作家)
第16話
哀しみに満ちた奥にあるものは 李 鶴来(訴え続ける韓国人元BC級戦犯)
第17話
奪われた日々 三人の女学生たち(長崎の兵器工場で魚雷作りに従事して被爆)
第18話
遠い祖国 加藤 登紀子(歌手デビュー55年、未来へ)
第19話
パーパ、来訪 フランシスコ(日本に特別の思いを寄せるローマ教皇)
第20話
信と義に殉じて 中村 哲(アフガニスタンに命を捧げた医師)
なかったことにしないで—あとがきにかえて
渡辺考さんの「まなざし」(檀ふみ)

本書より

俳優、エッセイスト檀ふみ
この素晴らしい本にめぐり逢えた幸運に感謝
このドキュメントは通り一編ではありません。その人と、人となりが「濃く」立ち現れ、強い印象を残すのです。私の父・檀一雄についても同様です。私の中で「薄」まりつつあった檀一雄像が、再び「濃く」浮かび上がりました。

著者プロフィール

渡辺 考 ワタナベコウ

1966年東京都生まれ。テレビディレクター、作家 。早稲田大学政治経済学部卒。
1990年NHK入局、ETV特集、NHKスペシャルなどを担当し、手がけた番組でギャラクシー賞選奨、放送文化基金賞、橋田賞などを受賞。映画「father」を監督。

関連情報

現在はありません