「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

身近な道具でらくらく介護予防

身近な道具でらくらく介護予防

50のアイディア・ゲーム

ミヂカナドウグデラクラクカイゴヨボウ

著 者
ISBN
978-4-87699-866-1 C0375
判 型
A5判
ページ数
96頁
発行年月日
2005年04月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

からだを動かす意欲を支援する
高齢者の介護予防・デイサービスもこれでかんたん。身近な道具を使ってできる楽しいゲームのアイディアをイラスト付きで紹介。

目次

やらされるゲームから楽しくつくるゲームへ
1 ゲームを現場の対象者にあわせる技術
2 マンレリしないゲームをつくるコツ
3 ゲームの負担を減らす方法
4 男性に楽しんで参加してもらうには
5 司会者とアシスタント
身近な道具でらくらく介護予防
お手玉をつかって
あき缶をつかって
棒をつかって
新聞紙をつかって
ビーチボールをつかって

読者の声

投稿者:51歳 女性 介護員

評価: ☆☆☆
身近な物にてゲームを楽しんでいただけるし、現場にあったゲームの仕方など勉強になりますし、参考になるゲームがたくさんあり仕事に活用するつもりです。

著者プロフィール

斎藤 道雄 サイトウミチオ

スポーツインストラクター。
1965年福島県生まれ。国士舘大学体育学部卒業。(株)ワイルドスポーツクラブで幼児体育指導を経て「楽しくからだを動かす」指導法を基に、1996年健康維持増進研究会を設立。こどもからお年よりまでを対象とした楽しい運動指導を行っている。

関連情報

現在はありません