「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

にんげんをかえせ

にんげんをかえせ

原爆症裁判傍聴日誌

ニンゲンヲカエセ

著 者
ISBN
978-4-7803-0327-8 C0036
判 型
四六判
ページ数
280頁
発行年月日
2010年01月 
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル


内容

全ての裁判に足を運んで綴った感動の書
原爆症集団訴訟21連勝の先駆けとなった近畿訴訟の開始から6年半、全ての裁判に足を運んで綴った臨場感あふれる報告書。首相との確認書、原爆症救済法の実現に至った力とは何か、核兵器廃絶へと動き出した時代に何をなすべきかを伝える。

目次

第1章
勝利の展望を切り開いた近畿のたたかい
第2章
判決積み重ね国の認定審査基準改定へ
第3章
「原国全員救済」勝ち取り首相と確認書
それは一人のたたかいから始まった(尾藤廣喜)

著者プロフィール

長谷川 千秋 ハセガワチアキ

1960年に記者として朝日新聞社に入社。
東京本社学芸部長、名古屋本社、大阪本社各編集局長などを歴任。現在、非核の政府を求める京都の会常任世話人。

関連書籍

現在はありません

関連情報

しんぶん赤旗[2010年3月21日]に紹介


京都民報に紹介