「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

歴史小説 櫛の十字架

歴史小説 櫛の十字架

大逆事件の渦ー新村忠雄と阿部米太郎

レキシショウセツ クシノジュウジカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0409-1 C0093
判 型
四六上製判
ページ数
464頁
発行年月日
2011年02月
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

内容

大逆事件の処刑(1911年1月24日)から百年が目前に迫る。新発掘の250通の書簡をもとに、新しい事件像、人物像を描くことに成功した意欲作。
12名の処刑者の一人で、天皇暗殺計画に協力したとされる新村忠雄。
新村と交流のあった阿部米太郎の目を通して描かれる事件像、新村像。阿部の生家に保存されていた250通近い新発掘の書簡が可能にした新境地。書簡には、これまでの研究者が踏み込むことになかった、事件関係者の内的心情が残されていた。その結果、大逆事件の理論的な側面とともに、新しい事件像、新しい人物像を描くことに成功した。

大逆事件と新村忠雄

1910年から1911年(明治43、44年)にかけて、社会主義者幸徳秋水らが明治天皇暗殺計画を企てたとして検挙されたのが大逆事件。12名が処刑された。
新村忠雄は、1887年、長野県生まれ。1910年5月25日に長野県の自宅で爆発物取締罰則違反の容疑により逮捕され(明科事件)、大逆事件により1911年1月24日午後2時50分処刑。

編集者のコメント

大逆事件というと、これまでの研究は、主に幸徳秋水らの理論面の発掘が主でした。今回、事件関係者の私信が発掘されたことにより、その内面がわかるようになりました。それを駆使し、小説の形で事件を問うたのかこの本です。
250通の新発掘の書簡をもとに、新しい事件像、人物像に迫る意欲作。

著者プロフィール

石山 幸弘 イシヤマユキヒロ

群馬ペンクラブ理事
元県立土屋文明記念文学館主席専門員、茨城大学非常勤講師、群馬県立女子大学非常勤講師

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません