「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

労働運動の新たな地平

労働運動の新たな地平

労働者・労働組合の組織化

ロウドウウンドウノアラタナチヘイ

編著者
ISBN
978-4-7803-0784-9 C0036
判 型
A5判
ページ数
256頁
発行年月日
2015年08月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

労働者をどう組織化するかーーブラック企業と闘うために続けた4年間にわたる研究成果を世に問う
「ブラック企業」が社会問題化している現在、その打開のカギは、労働者と労働組合の組織強化になる。そのためには、労働法学においては「自制」されてきた組織論の研究を含む総合的な研究が、いま本格的に必要となっている。
2011年、学際的、理論ー実践協働的、「老青同盟」的、中央ー地方協働的につくられた「労働者・労働組合組織論研究会」が、十数回にわたって議論を深めてきた。
「狐人主義」の世の中において、どう労働者の「つながり」をつくるのか。その成果がここに明らかになる。

目次

序 章
組織化の諸契機
第1部
総論ー運動と闘いを支えるもの
第2部
各論ー労働現場の諸相
第3部
運動への新たな視点
終 序
新しい組織化とユニオン運動 

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません