「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

電力労働者のたたかいと歌の力

職場に憲法の風を

デンリョクロウドウシャノタタカイトウタノチカラ

編著者
ISBN
978-4-7803-1003-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
244頁
発行年月日
2019年01月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

「思想による賃金・昇格差別反対」を訴え、30年にわたる裁判で勝利した東京電力・中部電力・関西電力の労働者を支えたうたごえ運動の意味を明らかにする。
27曲の楽譜付き。

目次

まえがき
第1部 たたかいの諸側面
 第1章 労働運動とうたごえ
  1 労働運動とうたごえの現状
  2 労働運動から歌が消えた諸要因をめぐって
  3 歌うことがもつ力とそれを発現させる条件
  4 労働運動とうたごえの課題
 第2章 人間の尊厳を擁護した電力労働者の闘い―関電を中心として
  1 関電人権裁判の提訴
  2 裁判運動の展開
  3 裁判での争点と主張、立証の工夫
  4 最高裁判決の内容と意義
  5 賃金その他処遇上の差別の是正
  6 未来につなぐものはなにか
 第3章 電力争議の真髄―闘って吹かせた憲法の風
  はじめに
  1 たたかいへの前触れ
  2 たたかいの背景
  3 懐柔と分断の電力版
  4 反撃と勝利
  5 たたかいの成果と継承
第2部 たたかいとうたごえ 闘いは文化を育み文化は闘いを豊かにした
 第1章 争議を支えたうたごえ
  一 東電合唱団の特徴と活動
  1 運動が文化を要求
  2 「うた」を運動の力に
  3 たたかいに相応しい「うた」こそ力
  4 争議後の合唱団活動
  二 中電争議を支えた文化活動とうたごえ運動の意義
  1 中電争議団のうたごえ運動の足跡
  2 文化活動の果たした役割
  三 関電における闘いとうたごえ運動
  1 「高馬ビラ事件」とうたごえ
  2 「ビラ事件」裁判、最高裁へ
  3 運動の広がりが「関電人権裁判」「賃金差別裁判」の勝利へ
  4 争議支援の地域共闘と三電力の熱いきずな
 第2章 電力のうたごえ― たたかいの綴り方
  一 働く者の願い
  1 しあわせの歌
  二 良心の灯をかかげて
  2 黄色いゼッケン
  3 良心の灯をもやそう
  4 ビラまきのうた
  5 腕ブランコ
  6 大きく生きよう
  三 光は束となって
  7 いま風にむかって
  8 みそ汁の詩
  9 光は束となって
  10 あしらの里
  11 胴づな一本
  四 憲法の風よ
  12 涙で破れた菓子袋
  13 良心の道標
  14 雲に旗たなびく
  15 仲間のきずな
  五 俺たちの年輪
  16 俺たちの年輪
  17 掛時計の贈物
  18 閉じたままのその目に
  19 亡き友よ
  六 原発はいらない
  20 その日から
  21 芦浜の海はいつまでも
  七 勝利へ
  22 風を頬に感じて
  23 紫陽花のたより
  24 君の涙
  25 人権列車がはしる
  八 闘いは今も
  26 指輪
  27 僕ら関西の若者群団
 第3章 連帯と共鳴と
  一 やがて、国民的連帯の合唱曲に
  二 中電人権争議の思い出
  三 『みそ汁の詩』を書いた頃
  四 トラックのステージ(舞台)で唄いながら
  五 合唱団『いなづま』と出会って
  六 ラッパ一丁吹きある記
  七 「歌声」を力に勝利した、東電・中電・関電労働者のたたかいの教訓
第3部 たたかいがのこしたもの 電力改革へつながる道
 第1章 電力労働運動近畿センターの設立と活動
  1 前史
  2 原発推進へむけた反共攻撃の嵐―労組弱体化へ
  3 反共労務対策とのたたかい
  4 基本的人権を基礎にした「人格権尊重」を認めた最高裁
 第2章 関電争議勝利は原発依存やめさせる道の一里塚
  1 直ちに次のたたかいへ―ホップ・ステップ・ジャンプ
  2 東電福島原発事故と「原発立国」政策の継続
  3 市民共同による原発不要社会への転換
  4 二〇二〇年以降の電力システム改革に対する提起
  結び 真の改革に向かって
あとがき
プロフィール
資料 年表
資料 楽譜

著者プロフィール

中村 浩爾 ナカムラコウジ

大阪経済法科大学名誉教授。民主主義科学者協会法律部会・元全国事務局長、日本スポーツ法学会・元理事、大阪地区私立大学教職員組合連合・元教部長

田中 幸世 タナカサチヨ

大阪経済法科大学アジア研究所客員研究員。基礎経済科学研究所理事。演出家(フリー)

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません